本の断裁(スキャン)サービスを利用してみた

By | 2011/6/11 土曜日

最近本棚に本が入らなくなってきて床置するまでになっていたので思い切ってiPad2を購入して本を電子化することにしました。
iPad2が欲しいって物欲から理由を探したって話もありますが:p

書籍の電子化ですが自炊は手間なので裁断変換サービスを利用することに。
某掲示板で評判確認してとりあえず下記2社にお試しで注文してみました。

Smart本
http://www.smarthon.jp/

ScaNow
http://scanow.jp/

本の発送まで

両方ともWebから申し込み。
Smarty本は本が付いてから向こうで費用を計算して請求。
ScaNowは自分で金額を計算して申し込み時に払う形です。
私はどちらもPayPalで精算しました。
納品はダウンロード形式です。

5/29の夜に申し込み
5/30に本を発送(東京から)

Smart本(静岡県静岡市)

6/1 請求書がメールで届く&PayPalで支払い
6/7 完了の通知。ダウンロード

依頼した本

<お客をつかむウェブ心理学(217ページ)>
金額:300円(基本+OCR変換)
納品時のファイル名とサイズ:ウェブ心理学.pdf(32.015Kb)

<ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること(364ページ)>
金額:400円(基本+追加100P+OCR変換)
納品時のファイル名とサイズ:ネットバカ.pdf(57.341Kb)

<メディア論―人間の拡張の諸相(384ページ)>
金額:400円(基本+追加100P+OCR変換)
納品時のファイル名とサイズ:メディア論.pdf(90,127Kb)

合計1,100円

※納品時のメールに「大変お待たせしてしまい、ご迷惑をおかけしました。」と書かれていたので普通はもうちょっと早いのかも知れません。

ScaNow(東京都千代田区)


5/29 申し込み&自分で見積もりPayPalにて支払い
5/31 書籍受領の連絡あり(6/3納品予定)
6/1 完了の通知。ダウンロード

依頼した本

<NASAのチームビルディング(410ページ)>
金額:400円(基本+OCR ※2冊換算)
納品時のファイル名とサイズ:チームビルディング.pdf(60,471Kb)

<フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略(350ページ)>
金額:400円(基本+OCR ※2冊換算)
納品時のファイル名とサイズ:フリー.pdf(65,369Kb)

<組織が活きるチームビルディング―成果が上がる、業績が上がる(240ページ)>
金額:200円(基本+OCR)
納品時のファイル名とサイズ:組織が活きる.pdf(33,074Kb)

合計1000円

品質について

両者とも全く問題ないレベルだと思います。(あくまでも私の感覚です)
依頼した本も文章メインなのでそれほど差が出にくいのかも知れません。
全部確かめていませんがORCに関しても普通に検索できます。

料金について

それぞれに本を送った際に送料740円かかっています。
ですのでSmart本であれば740円+1,100円=1,840円かかっており、1冊平均613円くらいになります。
冊数増やせばもう少し安くはなると思いますが、最初に想像していたよりは高いです。
これから買う本は通販サイトから直接送った方が安くあがりそうです。

結果

納品はScaNowの方が速く、連絡も丁寧なイメーでした。
Smart本は見積もり自体を向こうでやってくれるので、大量に本がある場合には
自分で計算しなくて楽かもしれません。
品質・料金ともに差が無いので、どちらでも問題無いかと思います。
今後どちらを使うかは考え中。

納品された書籍はiPadでも問題なく表示できたし読めるのでとりあえず目的は達成できました。
あとは残りの本も電子化するだけです。
本棚の購入を検討している方は電子化も視野に入れてみてはいかがでしょう。

あとPCとiPad2間の書籍のやりとりはDropBoxを使っています。iCloudが始まるまではこれで充分かと。
利用してみたい方はこちらからどうぞ。
登録された方と私に250Mのスペースがプレゼントされます。
http://db.tt/VfrJ8AO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。