Google Developer Day 2008行ってきました

だいぶ遅くなりましたがGDD2008の感想です。
去年も参加しましたが今年はセッション数が格段に増えてました。

前回は全体的な話が多かったと思いますが今回はひとつのテーマを掘り下げたようなセッションが多かったです。
コードラボも気になりましたがそこまでの興味はなかったので不参加。

基調公演ではAndroid、Google App Engine、Gears、OpenSocialあたりを3つのCと絡めて説明。
3つのCとはClient、Connectivity、Cloudを指しそれぞれを解決しないといけない課題と認識しているとのこと。
それをGoogleだけではなくその他の開発者と一緒に解決したいと語っていました。

他のセッションはそれぞれのサービスについての説明。ひとつも参加しなかったけどAndroidが目立ってた気がします。

私が参加したセッションは下記
・Google Data API
・MashupからMappletsへ
・Google GearsからGearsへ
・Google AJAX APIを活用した、進化したガジェットとUI
・Google Web ToolkitとAJAX

「Google Data API」では思っていた以上にGoogleのサービスがAPI化されていたのに驚いた。
翻訳のAPIを利用して自作のグリモンスクリプトを改造予定。

「Google Web ToolkitとAJAX」GWTはいつか使うかもと思ってとりあえず聞いたレベル。
Java開発者がいてJavaScriptをコーディングできる人がいない場合には一つの解。
ただしどれだけの事ができるのかは試してみないとわからない。

今年はランチのお弁当が出なかったのが残念:p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。