コードレビューでレビュアーが気をつける事

By | 2007/10/23 火曜日

最近うちのチームでコードレビューがいい感じに運用できています。
「コードレビューってこうするんですね」ってメンバーに言われてとても嬉しかったので調子にのってコードレビューで気を付けている事を書いてみます。

■レビュアーが気をつける事

1.解決方法は1つだけではない
レビューする前に仕様が判っている事がほとんど。
そうするとレビュアーはコード見る前に自分の中で勝手にコードを予想してしまう。
これがあまり良くない。自分の予想と違うとついつい誘導したくなる。そこはぐっと我慢。
レビュアーの予想が正しいとは限らない。

2.断定せずに質問を投げかけるようにする
なぜその様にコードを書いたのか理由を聞く様にする。
その際「なぜ?」の使い方を気をつける。レビューを受ける人は責められている様に感じてしまう。

3.褒める
褒めなれてないと難しい。慣れてないと照れくさい。
でもこれができないと良い点がシェアできないのでがんばる。

4.議論の対象はあくまでもコード
これは耳タコ。でも難しい。
問題はコードにあり開発者ではない。わかってるんだけどね。
最近は上手くいっているかも。

5.間違い探し
スペルミスやコーディング規約に沿っていない(軽い逸脱)ぐらいなら許す。
そんなことをコードレビューで指摘するのは勿体無い。もっと見るべき点がある。

6.誰が優れたプログラマーかコンテスト
気をつけないとほんとに陥り易い。自分の自慢は呑み会にでもとっておく。
コードレビューには必要ではない。

途中まで優先度順に書いてみたんだけど見直したら順番付けられなくなった。
どれも重要でどれも難しい。


これが3分の1でもできるとチーム内でのコードレビューに対する評価が変わってきます。
進んでコードレビューを依頼してきたり、メンドクサイって空気が薄れます。(まだちょっと思ってしまうけど:p)
どれも充分では無いので改善してがんばる!

今でこの効果なのできちんとできたときの効果は計り知れないね。きっと!

One thought on “コードレビューでレビュアーが気をつける事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。