Thunderbird, Portable Edition 2.0 RC1をインストール

タグ付けが自由にできるThunderbird 2.0をインストールしてみました。
いつものごとくPortable Edition。

下記よりダウンロード

Thunderbird, Portable Edition 2.0 RC1
http://portableapps.com/apps/internet/thunderbird_portable/test

Thunderbird_Portable_2.0_RC1_en-us.paf.exeがダウンロードされ実行で
ファイルを展開します。

展開先にThunderbirdPortable.exeができ、実行するとThunderbird_Portable 2.0が起動されます。

日本語化はQuick Locale Switcherとja.xpiをダウンロードをアドオンからインストール。
tool > Quick Locale Switcher > ja-JPを選択して再起動すると日本語になります。

Firefox Extensions – Quick Locale Switcher
http://www.captaincaveman.nl/?id=firefox_extensions&subid=quick_locale_switcher
※Firefoxって書いてますがThunderbird 2.0にも対応してるみたいです

ja.xpi
http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org/thunderbird/releases/2.0.0.0rc1/win32/xpi/

1.5から2.0へメッセージを移行する方法がわからなくて断念。
portable(共存可能)なので過去分は1.5、今日以降は2.0っで使い始めました^^;

1件のコメント

  1. 私も、1.5->2.0へのメッセージ移行等で困って、貴方のブログを見つけました。
    結局、2.0を新規インストールしてから元データのThunderbirdPortable直下のDATAフォルダを全て上書きすれば解決します。私も今日から2.0です。
    何が好いのか判りませんが、とりあえず見た感じは新しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。