ゆとりのないソフトハウス

無駄、無駄、無駄!
→効率化

リスク、リスク、リスク!
→リスク回避(出来る事しかやらない、利益率が低い)

それはそれで間違ってはいないのですが、そこから利益が出ているのかが問題。

効率化とリスク回避を進めた結果として利益に結びついているのならひとまずOK。
上記と違って予算の低下に伴って効率化とリスク回避を進めているのであれば将来は暗い。

前者であれば生み出された利益から次への先行投資に繋がると思うのだけれど
後者であれば企業的に全く余裕が無い。よって次に繋がる先行投資ができない。

全く当たり前のことなのだが周りを見回しても後者のソフトハウスが多すぎる気がする。
みんな効率化を求めて余裕がない。営業はリスクの少ない案件を求めて利益が出ない。

一部社員は個人の時間を利用して次の技術を取得するが会社としてその技術が生かせる案件を
受けないので意味が無く、結局やる気のある社員を流出させてしまう。

必要なのはゆとりなのだが、後者のソフトハウスにそれを求めるのは酷。
陥ったら抜け出せないのかもしれない。

そうならない為にも効率化やリスク回避以外のものを企業は求めないといけないと思う。

棚橋弘季さんの記事は秀逸。オススメです。

クリエイティビティ(創造性)の必要条件:DESIGN IT! w/LOVE
http://gitanez.seesaa.net/article/35092849.html

セレンディピティと創造性:正しいやり方など存在しない:DESIGN IT! w/LOVE
http://gitanez.seesaa.net/article/35166335.html

経営戦略における創造性と生産性:DESIGN IT! w/LOVE
http://gitanez.seesaa.net/article/35231425.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。