経営の自立

日本のソフトウエア産業、衰退の真因
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070306/264055/

結論までがやたら長いがまとめに書かれている「経営の自立」が気になったのでエントリー。

いろいろなプロジェクトでいろんなソフトハウスの人と話すがやはり請負の業務を減らす方向になっているようだ。
確かに請負はリスクが高い。経営者としては避けたい気持ちは痛いほどわかる。
私自身、いくつかの請負プロジェクトで赤字を出したこともある。

それでも請負プロジェクトをやるべきだと思う。
なぜなら派遣での経験は個人に蓄積されその個人が抜けてしまうとゼロになってしまう。
請負ではチームで仕事することができ会社として経験を蓄積することができる。
さらに蓄積される経験にもかなりの違いがある。

請負では確実に人、時間、金そしてリスクを意識しなくてはならない。
そういった経験はなかなか派遣では蓄積することができない。できたとしても個人レベルの範囲となる。

短期的にみれば派遣が確実だと思うがこのままでは勝負する力もなく価格競争に巻き込まれて消えていくだけではないだろうか。

個人の自立も必要だが経営者の自立は必須だと思った。

■TB先

furyaの日記
http://d.hatena.ne.jp/furya/20070306/1173189838

CMAP21の独り言~IT業界について考える: 日本のソフトウエア産業、衰退の真因
http://blogs.dion.ne.jp/cmap21/archives/5217695.html

morioXのもくもく日記 – しつこく風邪でお休み
http://d.hatena.ne.jp/morioX/20070307#p3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。