Developers Summit(デブサミ) 2007 2/15

■Googleを支える大規模分散システム / Google における開発プロセス
工藤拓さん、小松弘幸さん

Googleトランジットがどの様にして作り上げられていったかのプロセスと
Googleのインフラと言うかDB部分の二本立て。

Google内部の共有の話はいろいろなところで話されているので目新しくはないのですが
Google中の人がいつも口にするって事はそれほどすごいのでしょう。
何かはじめるとあっちこっちから人やアイディアが集まってくるのはどんな感じがするのか
非常に興味があります。
また無い物は自ら作るの精神で自作データーベース(Bigtable)を作っているのも凄いと思った。
多次元のテーブルって面白そう。MeCabの人ってGoogle入ってたんですね。

■ソニーにおける新規事業開発物語 ~ 常識を変えるアプローチとは ~
本間毅さん

内容はソニーに入社してから新規プロジェクトをいかにして立ち上げてきたかの体験談。
こう書くと出世話の様に思われるかもしれないが、もうちょっと泥臭くて現場っぽい話。
「反対しないが助けもしてくれない」なんて話も誰もが体験あるところではないでしょうか。
ソニーでのネット事業がいかに大変だったか、そしてどうしてもやりたかったとの思いが
伝わって楽しめました。

15日の方が期待していたのだけれど自分の興味と受けたセッションの内容が一致しないものが
多くて残念でした。

スタッフならび公演者の方、おつかれさまでした。

ソニーの話をして下さった本間さんのブログを見つけたので
興味ある方はどうぞ。

イントレプレナーの視点
http://takeshi.weblogs.jp/blog/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。