グリースモンキー(Greasemonkey)いまさら編

前々から気になっていたグリースモンキーを試してみました。
いまさらなのですがユーザースクリプトを作成してみたのでそのメモ。

グリースモンキーって何?って方はこちらで。

伝統に従って「Hello world」の表示です。

1.スクリプトファイルの作成
2.グリースモンキーへのインストール
3.実行

1.スクリプトファイルの作成

テキストエディタでスクリプトファイルを作成します。
ソースはJavaScriptで記述してこんな感じ

// ==UserScript==
// @name            Hello world
// @namespace       http://f56.aaa.livedoor.jp/~tdnr/
// @description     Hello world
// @include         http://*.yahoo.co.jp/*
// @exclude         http://sports.yahoo.co.jp/*
// ==/UserScript==

alert("Hello, world!");

ユーザースクリプトのファイル名は「.user.js」形式と決まってますので「hello.user.js」で作成。

metadataのタグですが
@name, @namespace, @descriptionはそのままの意味です。
@includeはこのユーザースクリプトを有効にしたいサイトのURLです。
@excludeはこのユーザースクリプトを無効にしたいサイトのURLです。
@include, @excludeは複数宣言可能で、*を使って曖昧指定もできます。

2.グリースモンキーへのインストール

作成したユーザースクリプトをFirefoxにドラッグ&ドロップします。
※グリースモンキーがEnabledであること

右上に「Install」ボタンが表示されるのでクリックすると(一瞬で)インストールが行われメッセージが
表示されます。

「helloworld.user.js installed successfully.」

Manage User Scriptsで見るとこんな感じ。

試しに@nameに日本語(UTF8)使ってみたら、Manage User Scriptsではちゃんと日本語で
表示された。※FireFoxの日本語版のみ

3.実行

インストールが行われると同時に実行状態になっています。

Yahoo!のサイトに行くとこんな感じで表示されました。

Yahoo!スポーツは対象外のサイトに指定したので結果は下記の通り。
表示される:http://www.yahoo.co.jp/
表示される:http://weather.yahoo.co.jp/weather/
表示されない:http://sports.yahoo.co.jp/

作り方はこんな感じなので後は、あとはアイディアだな。

参考にしたサイト

mozdev.org – greasemonkey: authoring
http://greasemonkey.mozdev.org/authoring.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。