Web2.0っぽい画像表示

By | 2006/3/1 水曜日

最近たまにみかけるWeb2.0っぽい画像の表示方法。

気になったので調査。

Lightbox JS
http://www.huddletogether.com/projects/lightbox/

script.aculo.usと同様JavaScriptのライブラリですね。

で、作ったサンプルがこちら(画像をクリック)



やり方はJavaScriptの使用を宣言して、呼び出すだけとなっています。
宣言側

<script type=”text/javascript” src=”../lab/lightbox/lightbox.js”></script>
<link href=”../lab/lightbox/lightbox.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” >

呼び出し側

<a href=”../lab/lightbox/060228.jpg” rel=”lightbox” title=”my caption”>
<img src=”../lab/lightbox/060228.jpg” width=”10%” height=”10%”>
</a>

大きい画像を表示させたい場合には面白いですが、商品が並んでいてクリック毎にこんな表示されたら
ちょっとうざい気がしますね。

—-
参考
小粋空間:Lightbox JS で画像を表示する
http://www.koikikukan.com/archives/2006/01/13-235556.php

hbkr:Lightbox JSにエフェクトをかけてみる
http://ieiriblog.jugem.jp/?eid=816

Lightbox Plus
http://serennz.cool.ne.jp/sb/sp/lightbox/index_ja.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。