上げてなにするの?

最近、職場で生産性の向上が求められている。

考えるにそもそも生産性ってどう求めるのだろう?
顧客の困ったを解決するのがエンタープライズ系の
お仕事なので、困ったを解決したのにかかった時間を
割ると生産性なのかな?

式にするとこんな感じ?
困ったを解決(or 新たなサービス) ÷ かかった時間 = 生産性

で、もっともらしく直すと
価値 ÷ 作業時間 = 生産性

でも実際に価値ってどうやって測るのですかね?
簡単なのは発注金額なのですが、それは価値と同等なのでしょうか?
微妙に違う気がしますが、はっきりわかりません。

で、上の式があたってると仮定すると
生産性を上げるには
・価値を上げる
・作業時間を下げる
になる訳で、そうなると会社が求めるのは
後者の作業時間を下げる何だろうなー。
だって発注金額下がる事はあっても上がることは無いもん。

結局実績変えずに作業時間を減らすのは個人単位では無理だと思う。
今までだっって作業時間を減らす工夫を各人で行ってきているわけで、
それをいまさら劇的に減らすのなんて無理。やるのであれば
プロジェクト内のドキュメントを減らすとか手順を変える方が
よっぽど効果的だと思われる。

個人的には「生産性をあげろ」と言うのはナンセンスだと思う。
各人がスキルアップした結果、生産性があがるものであって何もせずに上からの指示だけで上がったらそれこそ気持ち悪い。

で、結局生産性あがると発注金額下がるんですかね?
それはご勘弁を。

ぶりきじゃ:生産性は計測不能
http://capsctrl.que.jp/kdmsnr/wiki/bliki/?cmd=view&p=CannotMeasureProductivity&key=%C0%B8%BB%BA%C0%AD
生産性についてはこちらの意見に大賛成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。