SIerについての悲しい現実

kuranukiの日記:ディフェンシブな開発 ~ SIビジネスの致命的欠陥

倉貫さん(XPJUG)さんの記事ですが、SIerのビジネスモデルについての
問題点を非常に熱く語っている記事です。

ビジネスは「売上げ - 費用 = 利益」であるのだから
最初に発注金額を決めた場合、利益の増減は費用にかかってくる。

そうなるとなにが何でもコスト削減が命題になってしまう。

記事ではそうした守りの姿勢を「デフェンシブな開発」と呼んでいるようだ。

「オフェンシブな開発」にはXPやRubyだよね的にかかれていて強い反論はないが、
個人的にはWFやjavaでも「オフェンシブな開発」可能だと思う。

問題はSIのビジネスモデルの部分である。

現場個人の解決案としてはSIerに未来は無いので
SIer→ユーザ企業(システム部門)
SIer→IT業界
と転職案が記されている。

非常に残念な結論だが実際に「SIer→ユーザ企業」はよく聞く話なので
現実的解決方法なのだろう・・・

エンタープライズ系で仕事をしている方は
倉貫さんの記事は非常に共感できるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。