ウォーターフォール・モデルは間違いか?

この前のイベントで刺激を受けたのでちょっと書いてみる。

きっかけとなったの前川徹氏の『ソフトウェアの生産性と品質を向上させる鍵は何か?』。

主にウォーターフォール・モデルについてです。

■疑問
・ウォーターフォール・モデルで成功(※)したプロジェクトは手順が間違っているけど結果が出ているのでOK?
 ※顧客にとっての成功。
・アジャイルよりウォーターフォールが向いているプロジェクトは無いのか?

■ウォータフォール、スパイラル、アジャイルの違い

<期間と回数>
スパイラルはウォータフォールを数回繰り返すモデル
アジャイルはそれをもっと短期間で実施する?OK?
であれば、基本的にはウォータフォールを実施。違いは期間と回数?

要求から実装を一発でミートさせることを目指しているのがウォータフォール。
回数を重ねて要求に近づけるのがスパイラル、アジャイル。
たぶんこんな感じ?

であれば、スパイラル、アジャイルの違いは期間と回数?
2~3回繰り返すぐらいだとスパイラス?何回繰り返せばアジャイル?

<成果物>
動くソフトウェアが必要なのはどれも同じはず。
それに加えてドキュメントにも重点を置くのがウォーターフォールとスパイラル?

<アジャイル系?>
ペアプロ、リファクタリング、コーディング標準あたりのプラクティス系は
どのモデルでも可能だよね。XPの4つの価値も他のモデルでも可能だと思う。
であればアジャイル宣言を重視しているかどうか?ですかね。
でもアジャイル宣言に回数は含まれてないな。そこらへは「変化に対応」が含むのかな。

見える化はアジャイルの場でよく耳にするけどウォーターフォールやスパイラルでも
もちろん有効だよね。

疑問だけで全然纏まらん!

参考

「ソフトウェア開発におけるパラダイムシフト:ウォーターフォール・モデルは間違いだ!」

@IT情報マネジメント用語事典 [ウォーターフォール・モデル]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。