オブジェクト倶楽部夏イベント(午後)

■松本 潤二氏『コーチングってなんだろう?』
完全に参加型のワークショップ。
まずはアアイス・ブレイキングとしていろんな人に自己紹介。
1対1での挨拶だったので比較的気楽に行えました。

続いて二人組み次に三人組みとなってコーチングをいろいろ。
「答えは相手にある」ことが前提(理念?)だったのですが、
答えを引き出すのはすごく難しい。非常に為になりました。

■天野 勝氏『身体で覚えるオブジェクト指向』
こちらも参加型ワークショップ。
「オブジェクト指向をうまく説明できない方向け」に惹かれ参加。

お題に対してグループになって、汎化や関連を体験していく。
リーダーを決めてみんなであーだこーだですること決めたり
役割決めたりしました。うちのグループにはファシリテータがいれば
もっと纏まったかも。

ワークショップ後もうまく説明できない状態からは抜け出せていません。
若干消化不良気味でしょうか。

■ライトニングトークス
名前と題名に自信がありません。
順番もいまいち覚えていません。
まちがっていたらごめんなさい。

<フレッシュ5人組さん:こんなプロジェクトはいやだ>
新人の方があるあるネタを読み上げる感じ。
ネタに関しては共感できて面白かった。
途中変化があってもよかったのでは?

<Akaponさん:>
自己紹介でほとんど時間を使い切った感じ。
全体は「高橋メソッド」を使用。イイ!

<druby.orgの方から来た人さん:K語録>
組込の人っぽいのだが、内容が面白い。
前回もチカチカ・パカパカなどの擬態語で語っていました。

<あんぷらーずさん:名前付けの重要性>
メンバー変わってました。何があったのでしょうか。
プロジェクト単位ではなくタスク単位に名前をつけて効果発揮!
「男塾」は最高におもろかった。

<ワダさん:アジャグラー>
ジャグリングについていろいろ。
いろんな方がジャグリングを見せてくれました。で!?

<キシダさん:チーム作り>
過去にシリコンバレーで働いていたそうです。うらやましい。
チームに必要な三つの力、「観察力」「包容力」「体力」

<野山孝太郎さん:Anti チームづくりのDesignPattern>
この人前回も発表していましたが、1番面白い!
内容が現場指向であり、テンポがすごくよいと思います。
5分間で発表しきれなかったのが悔やまれます。

<いつもあそこから:こんなチームはいやだ>
完全にフレッシュ5人組とテーマとネタがかぶっていました。
故に感想も同様。

■午後の感想
今回のテーマがファシリテーションってこともあり、
対話重視のワークショップを選択。
コーチングに比べ『身体で覚えるオブジェクト指向』で盛り上がれなかったのが
残念です。

やはりライトニングトークスは面白い。
これ結構楽しみです。

■全体の感想
テーマ通り「ものからチームへ」が体感できるイベントでした。
マインドマップでメモをとっている人が結構いたのでブログでみれたら
いいなと思ったり。
あと、携帯は切るかマナーモードに!

関係者の皆様ご苦労様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。