要件=必要 ではない。

自分が受け持っている業務はちっこいのですでに
要件定義まで終了している。

なので最近はもっぱら遅れている業務の手伝いをしているのだが
子ベンダーSEがいまいち頼りない。

Webのシステムを始めて担当するのでVBライクな画面は
仕方ないとして(仕方ないのか?)要件を纏めきれていない。

何がダメかと言うと、その業務が何の為に行っているか
確認をしていない。正確に言うと顧客の言葉の裏を考えて
いないということになるのかもしれない。

一例として「不正商品リスト」みたいな帳票がある。
不正な値を持っている商品の一覧を帳票に出力したいのが顧客要件なのだが
既存システムで出力しているから欲しいらしい。
しかしその数値は画面から入力される値でありそこでシステム的に
チェックを行えばそもそもそんな帳票は必要無い。

顧客がなぜ欲しいかを聞き出せればその要件がホントに必要かどうか
判断できるはずである。

担当のSEには判断できるようになることを切に願います。
だって製造するのはソフトハウスだし、必要ないものを作るのはやっぱ嫌だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。