仕様書は誰の為に書くか

「本日顧客に承認をもらうには」の議題で打ち合わせを1時間実施。
非常にむなしい。

仕様書は顧客の為ではなく次工程の為にあるのだと
改めて考えれたいい一日でした。(※ウォーターフォール実施中)

ちなみにRSS2.0再開しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。